納豆に含まれるナットウキナーゼについて

納豆に含まれるナットウキナーゼは血液をサラサラにしてくれるだけではなく、心筋梗塞の予防にもなります。

納豆は昔から体に良いと言われていますので、できれば毎日の食事には必ず取り入れていきたいものですね。

納豆のネバネバ

ナットウキナーゼとは、納豆菌が作り出している血栓の素になるたんぱく質を分解してくれる酵素のことです。

納豆に含まれている成分からナットウキナーゼという名前がついたとされています。

主に納豆のネバネバ部分に多く含まれているといわれていますので、納豆は良くかき混ぜてから食する方が効果がありそうですね。

なぜ酵素は体に必要なのか

実は私たちの体の中には数多くの酵素があるのです。

これは食べ物の消化や吸収、体を活性化させる物質の合成そして分解など、さらに代謝や排泄まで人間が健康を維持していくためには欠かせないものがこの「酵素」になるのです。

体の中で作られている酵素もありますが、酵素は常に体の中に取り込んでおく必要があるのです。

酵素不足になってしまうと、太りやすくなってきたとか、疲れがなかなか取れなくて繰り越されている感じがするなど、体調や体に不調をきたします。

優れた酵素は納豆にあります

最近では、酵素サプリメントなどいろいろな種類のものが多く売り出されています。

また、酵素だけではなく他の成分を合成させたものもありますが、やはり納豆にはかなわないと考えたほうがいいですね。

確かにサプリは手軽にいつでも摂取できますが、食材で体内に取り入れるのが一番良い形なのです。

更に納豆にしかないナットウキナーゼは、生活習慣病の素になる血栓に働きかけます。

そして血栓を溶かす作用が働いて予防に繋がっていくのです。

納豆に含まれる酵素を取り入れるには、毎日の食事にかかさず納豆を食べることをお勧めします。

酵素が足りなくなると、体調にも体型の変化にも大きな影響を与えます。

納豆に含まれるナットウキナーゼは血栓予防の他に数多くの効果がありますので、酵素は人間が生きていく上ではとても必要な成分になります。

血栓やプラークを予防するには何をすればいい?

血栓やプラークとは一体どのような物の事なのでしょうか?

体の中の仕組みなどの事は、一般に人では分からない事だらけですよね?

そんなあなたに、分かりやすく血栓やプラークを溶かさないとどうなるのかや、その方法などをお教えしていきます。

血栓やプラークとは?

血管や血液の状態が正常であれば、血管に異物のかたまりなどがなく血液がサラサラであれば健康的に日常を過ごす事が出来ます。

しかし血液がドロドロでコレステロールなどが処理しきれない場合は、血管の壁にドンドンかたまりが溜まって血液が流れにくくなってしまう事で、血管の中に「プラーク」が出来やすくなってしまいます。

プラークは崩れやすいので、高血圧やストレスなどの要因が加わってしまうと、傷ついたり破れてしまったりします。

敗れた部分を修復しようとする事で血小板が集まりプラークの表面に血栓が作られていきます。

プラークがドンドン溜まってしまうと血管の中が狭くなって血管の壁を硬くしていき、この状態を動脈硬化と言います。

その状態が酷くなって血管を塞いでしまう程大きくなってしまうと、血液が流れなくってしまいます。

しかし血液は心臓で作り出されているので、どんどん血液が流れてくる事で血管が絶えられなくなり、動脈破裂が起こってしまいます。

プラークがはがれて心臓まで流れていってしまうと、心筋梗塞になってしまいます。

血栓を溶かす事やプラークが出来ないように自分で出来る事とは?

納豆菌のネバネバには、血栓を溶かす効果がある事や納豆を食べると血栓が作られるのを防ぐ事が出来ます。

寝ている時に血液がドロドロになりやすくかたまりやすくなるので、納豆はよる多気た方がいいとも言われています。

血栓を溶かすには、納豆を毎日食べるというのも予防法の一つとなります。

プラークを作らないために血液サラサラを目指しましょう。

血液をサラサラにする効果がある飲み物は、お茶の分類では麦茶が一番効果があると言われています。

その他の食べ物では、魚や海藻類、納豆や酢、きのこ類やネギ類などが血液をサラサラにする効果があります。

また、サプリメントなどを使って対策をする事が大切で、ナットウキナーゼが配合されているサプリメントや血液をサラサラにしてくれる効果のあるサプリメントを飲んで、

血栓を溶かしたり、プラークを作らないように予防する事が大切です。

自分の食生活で左右されてしまうので、自分の硬い意志がとても重要になってきますよ。

青魚に含まれるDHA・EPAの効果

青魚に含まれるDHA・EPAの効果や効能、コレステロールや中性脂肪を下げる作用など、中高年の年代には色濃くかかわってくる病気などにも効果を発揮すると言われています。

この成分は、どんな食材に入っているのでしょうか。

青魚に含まれているDHA・EPAの効果

この成分の効果は、学習能力や記憶力の向上、視力の低下の抑制さらには、病気関連では動脈硬化や血栓、高血圧の予防などがあります。

また近年増えてきているアトピー皮膚炎の予防にも良いとされています。

いわしやサバ、マグロやサンマなどの青魚に含まれる栄養素です。

魚を多く食べている人は、動脈硬化や心筋梗塞などの血管系の生活習慣病はほとんど見られないと言われています。

青魚に含まれるDHA・EPAは、体内合成されることができませんので、食事から摂取していかなければいけなくなります。

DHA・EPAはサプリメントでも摂取できる

DHA・EPAは、青魚に多く含まれていますし、DHAは魚にしか含まれていない成分です。

特に脂ののった魚を食べることでより大きい効果が期待できます。

また、マグロの目の周りの組織にも多く含まれています。

これらの成分の1日の摂取量は1,2グラムとされています。

しかしこれだけの量を摂取することになると毎日必ず魚を食べることになります。

お肉が好きな人には食事自体が嫌になってしまうかもしれません。

そこで簡単に取り入れることができるのが、サプリメントになります。

必要な摂取量があらかじめ含まれていますので、数粒飲むだけで必要な成分量が取り入れることができます。

サプリの種類

価格もピンからキリまでありますが、注意して欲しいのは1日の摂取量の記載です。

健康維持のためには400mgとされています。

更に生活習慣病の予防などに必要な量は1000mgが摂取量になります。

一概には言えませんが価格の安いものは100mgしか取れない場合のものがあります。

単純に価格が安いもので選ぶのではなく質や成分量などもしっかり見てから購入しましょう。

青魚に含まれるDHA・EPAは人間の体にも大変必要な成分ですので、食事などで取り入れるのが難しい場合は、サプリメントなどの手軽に取れるもので摂取していくようにしまよう。

血液をサラサラにするための運動

血液をサラサラにするのは、どのような方法があるのでしょうか。

良く言われているのは軽い運動です。

ではこの軽い運動はどんなものがいいのか、時間はどのくらいやったらいいのか、また運動中に注意すべき点は何か見ていきましょう。

運動をする

血液がドロドロになっている人、この状態の人が急激な運動をすると汗をかきすぎてしまう体内の水分が急に減ってしまうことで血液がもっとドロドロになってしまうことがあります。

いきなり激しい運動をするのではなく、特に汗のかきやすい運動をするのではなくて軽めの運動をすることがお勧めです。

また、運動をする前には必ず水分補給を最初にしてから行なうようにしましょう。

体の中の水分は運動によって失われます。

たとえ汗をそれほどかかなくても目に見えない汗は出て行くものです。

また、水分の補給は運動している最中でも少しずつ飲むようにします。

運動は血液サラサラには不可欠

運動をすることで、エネルギーをたくさん使うことになります。

これによって血糖値が下がってその結果欠陥が広がるので毛細血管のような体の隅々まで血流が広くいきわたります。

体の中にたまっていた老廃物が綺麗に取り除かれていきますので、血液自体が綺麗になっていく効果があります。

運動としては、ウォーキングなどの有酸素運動を行なうのがお勧めですね。

有酸素運動は体の中に取り込んだ酸素を消費します。

このように有酸素運動をしていくことで血液をサラサラにしていく効果があります。

運動する時間

ウォーキングなどの有酸素運動をするのでしたら、20分以上は続けていくことが大切になります。

またこのウォーキングもいきなり歩き始めるのではなく、少し柔軟やストレッチをしてから歩くようにしましょう。

20分程度のウォーキングが楽だと思えたら、少しずつ時間を延ばしていきましょう。

ご夫婦でのウォーキングなども楽しいものになりますね。

健康診断などで血液に異常がある人は、軽めの運動を毎日の生活の中に取り入れてくようにしましょう。

また、運動する時間も気にしながら、自分に合った運動を毎日続けていくことが大切になりますし、効果もでます。

血液がドロドロになってしまう原因

血液がドロドロになってしまうと血液の流れが悪くなり、身体の至るところに支障が出てしまいます。

そして1番怖いのはドロドロになった血液が血管に詰まって脳梗塞や心筋梗塞などの死に至る可能性もあるということです。

では血液がドロドロになる原因は何なのでしょうか?

どうして血液はドロドロになるのか?

血液がドロドロになる原因は生活習慣にあると言われています。

生活習慣と言われても、じゃあ何に気を付ければいいのか具体的に言ってもらわないと分かりませんよね。

血液がドロドロになる原因はまず食生活にあります。

肉や油など脂肪が多い食べ物や糖質は体内で中性脂肪になってしまいます。

この中性脂肪が血液をドロドロにする原因の1つです。

また運動不足になると新陳代謝の機能が低下してしまいます。

その結果体内の脂肪や糖分が燃焼されずに溜まってしまい老廃物となるため血液がドロドロになる要因の1つになってしまいます。

ストレスも身体に悪影響を及ぼします。

ストレスを受けると血圧が上昇しコレステロールや血糖値が上がります。

その結果血液の流れが悪くなり血液がドロドロになる要因の1つになってしまいます。

酒やタバコが身体によくない事は分かっている人も多いと思います。

しかしなぜよくないのかその原因も理解しているでしょうか?

酒やたばこは体内で活性酸素を発生させます。

活性化酸素とは身体に老化を促す働きをするので活性酸素が増えると血液がドロドロになります。

血液がドロドロでも自覚症状はない

つまり血液がドロドロになる原因は1つではなく、いろんな原因が積み重なった結果なのです。

また血液がドロドロな状態でも自覚症状はありません。

もちろん最近お腹まわりがヤバいなどの自覚症状はあったとしても血液がドロドロだから痛みを感じたり、熱が出るという症状が出ないため危機感がなく、ある日いきなり脳梗塞や心筋梗塞で倒れてしまうのです。

なので血液ドロドロになる原因が分かったら、少しでも血液をサラサラにするために1日でも早く努力をするべきです。