血液がドロドロになってしまうと血液の流れが悪くなり、身体の至るところに支障が出てしまいます。

そして1番怖いのはドロドロになった血液が血管に詰まって脳梗塞や心筋梗塞などの死に至る可能性もあるということです。

では血液がドロドロになる原因は何なのでしょうか?

どうして血液はドロドロになるのか?

血液がドロドロになる原因は生活習慣にあると言われています。

生活習慣と言われても、じゃあ何に気を付ければいいのか具体的に言ってもらわないと分かりませんよね。

血液がドロドロになる原因はまず食生活にあります。

肉や油など脂肪が多い食べ物や糖質は体内で中性脂肪になってしまいます。

この中性脂肪が血液をドロドロにする原因の1つです。

また運動不足になると新陳代謝の機能が低下してしまいます。

その結果体内の脂肪や糖分が燃焼されずに溜まってしまい老廃物となるため血液がドロドロになる要因の1つになってしまいます。

ストレスも身体に悪影響を及ぼします。

ストレスを受けると血圧が上昇しコレステロールや血糖値が上がります。

その結果血液の流れが悪くなり血液がドロドロになる要因の1つになってしまいます。

酒やタバコが身体によくない事は分かっている人も多いと思います。

しかしなぜよくないのかその原因も理解しているでしょうか?

酒やたばこは体内で活性酸素を発生させます。

活性化酸素とは身体に老化を促す働きをするので活性酸素が増えると血液がドロドロになります。

血液がドロドロでも自覚症状はない

つまり血液がドロドロになる原因は1つではなく、いろんな原因が積み重なった結果なのです。

また血液がドロドロな状態でも自覚症状はありません。

もちろん最近お腹まわりがヤバいなどの自覚症状はあったとしても血液がドロドロだから痛みを感じたり、熱が出るという症状が出ないため危機感がなく、ある日いきなり脳梗塞や心筋梗塞で倒れてしまうのです。

なので血液ドロドロになる原因が分かったら、少しでも血液をサラサラにするために1日でも早く努力をするべきです。