青魚に含まれるDHA・EPAの効果

青魚に含まれるDHA・EPAの効果や効能、コレステロールや中性脂肪を下げる作用など、中高年の年代には色濃くかかわってくる病気などにも効果を発揮すると言われています。

この成分は、どんな食材に入っているのでしょうか。

青魚に含まれているDHA・EPAの効果

この成分の効果は、学習能力や記憶力の向上、視力の低下の抑制さらには、病気関連では動脈硬化や血栓、高血圧の予防などがあります。

また近年増えてきているアトピー皮膚炎の予防にも良いとされています。

いわしやサバ、マグロやサンマなどの青魚に含まれる栄養素です。

魚を多く食べている人は、動脈硬化や心筋梗塞などの血管系の生活習慣病はほとんど見られないと言われています。

青魚に含まれるDHA・EPAは、体内合成されることができませんので、食事から摂取していかなければいけなくなります。

DHA・EPAはサプリメントでも摂取できる

DHA・EPAは、青魚に多く含まれていますし、DHAは魚にしか含まれていない成分です。

特に脂ののった魚を食べることでより大きい効果が期待できます。

また、マグロの目の周りの組織にも多く含まれています。

これらの成分の1日の摂取量は1,2グラムとされています。

しかしこれだけの量を摂取することになると毎日必ず魚を食べることになります。

お肉が好きな人には食事自体が嫌になってしまうかもしれません。

そこで簡単に取り入れることができるのが、サプリメントになります。

必要な摂取量があらかじめ含まれていますので、数粒飲むだけで必要な成分量が取り入れることができます。

サプリの種類

価格もピンからキリまでありますが、注意して欲しいのは1日の摂取量の記載です。

健康維持のためには400mgとされています。

更に生活習慣病の予防などに必要な量は1000mgが摂取量になります。

一概には言えませんが価格の安いものは100mgしか取れない場合のものがあります。

単純に価格が安いもので選ぶのではなく質や成分量などもしっかり見てから購入しましょう。

青魚に含まれるDHA・EPAは人間の体にも大変必要な成分ですので、食事などで取り入れるのが難しい場合は、サプリメントなどの手軽に取れるもので摂取していくようにしまよう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*