血液をサラサラにするための運動

血液をサラサラにするのは、どのような方法があるのでしょうか。

良く言われているのは軽い運動です。

ではこの軽い運動はどんなものがいいのか、時間はどのくらいやったらいいのか、また運動中に注意すべき点は何か見ていきましょう。

運動をする

血液がドロドロになっている人、この状態の人が急激な運動をすると汗をかきすぎてしまう体内の水分が急に減ってしまうことで血液がもっとドロドロになってしまうことがあります。

いきなり激しい運動をするのではなく、特に汗のかきやすい運動をするのではなくて軽めの運動をすることがお勧めです。

また、運動をする前には必ず水分補給を最初にしてから行なうようにしましょう。

体の中の水分は運動によって失われます。

たとえ汗をそれほどかかなくても目に見えない汗は出て行くものです。

また、水分の補給は運動している最中でも少しずつ飲むようにします。

運動は血液サラサラには不可欠

運動をすることで、エネルギーをたくさん使うことになります。

これによって血糖値が下がってその結果欠陥が広がるので毛細血管のような体の隅々まで血流が広くいきわたります。

体の中にたまっていた老廃物が綺麗に取り除かれていきますので、血液自体が綺麗になっていく効果があります。

運動としては、ウォーキングなどの有酸素運動を行なうのがお勧めですね。

有酸素運動は体の中に取り込んだ酸素を消費します。

このように有酸素運動をしていくことで血液をサラサラにしていく効果があります。

運動する時間

ウォーキングなどの有酸素運動をするのでしたら、20分以上は続けていくことが大切になります。

またこのウォーキングもいきなり歩き始めるのではなく、少し柔軟やストレッチをしてから歩くようにしましょう。

20分程度のウォーキングが楽だと思えたら、少しずつ時間を延ばしていきましょう。

ご夫婦でのウォーキングなども楽しいものになりますね。

健康診断などで血液に異常がある人は、軽めの運動を毎日の生活の中に取り入れてくようにしましょう。

また、運動する時間も気にしながら、自分に合った運動を毎日続けていくことが大切になりますし、効果もでます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*