血栓やプラークを予防するには何をすればいい?

血栓やプラークとは一体どのような物の事なのでしょうか?

体の中の仕組みなどの事は、一般に人では分からない事だらけですよね?

そんなあなたに、分かりやすく血栓やプラークを溶かさないとどうなるのかや、その方法などをお教えしていきます。

血栓やプラークとは?

血管や血液の状態が正常であれば、血管に異物のかたまりなどがなく血液がサラサラであれば健康的に日常を過ごす事が出来ます。

しかし血液がドロドロでコレステロールなどが処理しきれない場合は、血管の壁にドンドンかたまりが溜まって血液が流れにくくなってしまう事で、血管の中に「プラーク」が出来やすくなってしまいます。

プラークは崩れやすいので、高血圧やストレスなどの要因が加わってしまうと、傷ついたり破れてしまったりします。

敗れた部分を修復しようとする事で血小板が集まりプラークの表面に血栓が作られていきます。

プラークがドンドン溜まってしまうと血管の中が狭くなって血管の壁を硬くしていき、この状態を動脈硬化と言います。

その状態が酷くなって血管を塞いでしまう程大きくなってしまうと、血液が流れなくってしまいます。

しかし血液は心臓で作り出されているので、どんどん血液が流れてくる事で血管が絶えられなくなり、動脈破裂が起こってしまいます。

プラークがはがれて心臓まで流れていってしまうと、心筋梗塞になってしまいます。

血栓を溶かす事やプラークが出来ないように自分で出来る事とは?

納豆菌のネバネバには、血栓を溶かす効果がある事や納豆を食べると血栓が作られるのを防ぐ事が出来ます。

寝ている時に血液がドロドロになりやすくかたまりやすくなるので、納豆はよる多気た方がいいとも言われています。

血栓を溶かすには、納豆を毎日食べるというのも予防法の一つとなります。

プラークを作らないために血液サラサラを目指しましょう。

血液をサラサラにする効果がある飲み物は、お茶の分類では麦茶が一番効果があると言われています。

その他の食べ物では、魚や海藻類、納豆や酢、きのこ類やネギ類などが血液をサラサラにする効果があります。

また、サプリメントなどを使って対策をする事が大切で、ナットウキナーゼが配合されているサプリメントや血液をサラサラにしてくれる効果のあるサプリメントを飲んで、

血栓を溶かしたり、プラークを作らないように予防する事が大切です。

自分の食生活で左右されてしまうので、自分の硬い意志がとても重要になってきますよ。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*